MENU

顔用の制汗剤や顔汗クリームってどうやって選べばいいの?

おすすめの顔用制汗剤

 

人前で容赦なくあふれ出てしまう「顔汗」。
この汗に私もどれだけ苦しめられたことか・・・。

 

気がつけばメイクはドロドロ。
誰も汗をかいていないのに一人で滝のような汗を顔にかいてしまってもう恥ずかしくて恥ずかしくて・・・。
そんな悲しい過去を過ごしてきましたが、今は顔汗はかなり収まっていています!!

 

もちろん全く出ないというわけではありませんが、なんとか人並みになれたかなあ〜と思っています。

 

こちらで

 

で紹介したように3つの方法で防いでいるのですが、やっぱりなんといってもその1番は「顔用の制汗剤」です。

 

これ、これに出会えてからこそ私の顔汗問題は解決したといってもいいでしょう

 

それほどに強力です。顔用の制汗剤や顔汗クリームは。

 

ここではそんなふうに私の長年の顔汗の悩みを解決してくれ顔用制汗剤の選び方のPointと、おすすめの商品を紹介します。

 

「顔用」ならではの注意点もありますので是非参考にしてみてください。

 

またこちらを読んでいただければ、なぜ制汗スプレーを顔にかけてはいけないかもわかってもらえるとおもいます。

 

 

説明はいいからおすすめ商品を早く教えて!という方はこちらへ
顔用制汗剤顔汗クリームおすすめランキング

そもそも制汗剤ってどういう仕組みなの?

まずは「顔用」ということではなく、

 

そもそも制汗剤ってどういうものなのでしょうか?
なぜ汗が止まるのでしょうか?

 

まずはそこを一度確認しておきましょう。

 

汗腺

汗は皮膚にある汗腺という器官から出てきます。

この汗腺にはエクリン腺アポクリン腺があります。
エクリン腺は体の全身に分布していてここから出る汗は無色無臭です。

 

アポクリン腺は体の限られた部分にしかなく、特に多いのが脇の下です。
そしてこのアポクリン腺から出る汗は白く濁っていてニオイの元になるものをたくさん含んでいます。
なので脇汗は臭うのです・・。。

 

アポクリン腺は、腋の下、乳首、陰部などの特定の場所にのみあります。
またそこから分泌される汗はごく少量で、たんぱく質が多いため白濁しています。
普通は無臭なのですがたんぱく質や脂肪が細菌によって分解されると、特有のニオイがしてきます。
特にニオイが強く場合を「ワキガ」といいます。

 

 

そして制汗剤とは
この汗が出る汗腺を塞ぐ(閉塞する)、もしくは収れんさせることによって発汗量を抑えようとする薬剤のことをいいます。

 

制汗剤と同じように汗用の商品として「デオロラント剤」という商品もありますが、この2つは違うものです。

 

デオロラント剤
こちらは汗に含まれる雑菌の繁殖を防いで殺菌し汗のニオイを抑えるものです。

 

8&4

 

脇汗用の制汗剤売り場に行くとさまざまな商品が売られていますが、案外制汗剤とデオロラント剤の違いについてあまり気にしないで買っている人も多いのではないでしょうか?
私もその一人でした・・・(汗

 

 

ただ、制汗剤にはデオロラント効果のある成分を配合している商品が多いので、「制汗剤&デオロラント」というダブルの効果で売り出しているものがほとんどかもしれません

 

制汗剤ブランドで有名な花王の8&4も制汗剤とデオロラント剤が一緒になった商品です。

 

 

殺菌効果は顔用制汗剤には必要?

脇は臭う

 

このように脇汗はアポクリン腺の影響で雑菌が多く、人によってはニオイがきつくなります

 

ですので脇汗用の制汗剤は、制汗剤の効果にプラスしてより強力な殺菌作用のあるデオロラント剤を合わせて製品化しているのですが、顔汗って嫌なニオイはしないですよね?
無色無臭ではないでしょうか?

 

顔の汗線はエクリン腺ですのでニオイはありません

 

ですのでデオロラント剤としての機能は必要なく、制汗剤としての効果だけでいいのです。

 

そもそも脇に使われるデオロラント剤の成分は殺菌効果が重要ですので、かなり強い薬品が含まれていることが多く、これを顔につけるなんてことをしたら・・・当然顔にひどい刺激を与えてしまうことになります。

 

体用のものを顔につける方は滅多にいないとは思いますがこれは絶対にNGです。

 

また「脇汗用ですが顔にも使えますよ!」という商品も、「え?本当に?」と一度疑ってみた方がいいでしょう。

 

制汗剤としてだけの成分ならいいですが、デオロラント剤の薬剤が入っていると肌が弱い方などはかなり危ないんじゃないかな・・・と思ってしまいます。

 

「顔用の制汗剤には殺菌のためのデオロラント成分はいらない」
顔用の制汗剤を選ぶ上でのPointですので、チェックしてもらえればと思います!

 

 

制汗剤はどんな成分で汗を抑えるの?

制汗剤の仕組み

顔用の制汗剤はデオロラント剤としての成分は必要ないと先ほど説明しました。

 

では制汗剤そのものとしてはどんな成分が汗を止める役割をしているのでしょうか?
制汗剤の成分について、その生まれから少し見ていきましょう。

 

制汗剤は20世紀の初めの頃にアメリカで生まれました。
この時に使われていたのは塩化アルミニウムという成分です。

 

この塩化アルミニウムは初めての制汗剤として画期的な商品ではあったのですが、肌への刺激が強く、また服も劣化させてしまうという使用感の悪いものでした。

 

その後の改良で1950年頃、部分的に中和された塩化アルミニウム水和物(クロルヒドロキシアルミニウム)というものが開発されました。
※略してAHCとも呼ばれます

 

この塩化アルミニウム水和物(クロルヒドロキシアルミニウム)は皮膚への刺激も少なく、服の劣化というようなこともなく、今でも制汗剤の主流になっていて、多くのメーカーがこの成分を主成分にして制汗剤を作っています

 

塩化アルミニウム水和物(クロルヒドロキシアルミニウム)は、成分が溶けた水溶液を皮膚に塗布するといったん乾燥してさらっとしますが、発汗して水分を吸収するとゲル化して汗腺を閉塞して汗を抑えます

 

制汗剤スプレー

8&4などの制汗剤スプレーの使用感を思い出してください。
スプレーをするとさらっとしますよね。
そしてパウダーが肌に残ります。

 

そこに汗をかくと、ジェル状になってそこで汗が止まってくれませんか?
あの感じが塩化アルミニウム水和物(クロルヒドロキシアルミニウム)での汗止めです。

 


さらにその後新しい成分として、パラフェノールスルホン酸亜鉛が制汗成分として認めらるようになりました。
このパラフェノールスルホン酸亜鉛は塩化アルミニウム水和物(クロルヒドロキシアルミニウム)のように汗腺をゲル化して塞ぐことはしません。
汗腺を収れんさせて汗を抑えるという働きをする成分です。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛の収れん作用は、汗腺から出てきた汗の中のタンパク質を凝固させ、汗腺の出口を細くし汗が出にくくするという作用をします。

 

毛穴の引き締めに使われる収れん化粧品はもこの仕組みです(人気ですよね)。

 

(※パラフェノールスルホン酸亜鉛だけではなく柿やお茶に含まれるタンニンもこの収れん作用があることで有名です)

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛の制汗作用はこのように汗の出る汗腺の毛穴を塞ぐものではなく、毛穴を小さくするものです。
ですので制汗剤としての機能は塩化アルミニウム水和物(クロルヒドロキシアルミニウム)に劣ります

 

ですが、今、顔用の制汗剤で使われ、おすすめしたい成分はこのパラフェノールスルホン酸亜鉛のほうです。

 

というのも・・・塩化アルミニウム水和物(クロルヒドロキシアルミニウム)のように顔にパウダーがついて、汗をかいてそれがジェルになって・・・
無理ですよね。顔では。

 

そうなのです!ですのでパラフェノールスルホン酸亜鉛が登場するまでは顔用の制汗剤はなかったのです。

 

顔用の制汗剤の誕生は、このパラフェノールスルホン酸亜鉛の開発によって誕生したものだといっても過言じゃないと思います。

 

ちなみにパラフェノールスルホン酸亜鉛は化粧品名ではフェノールスルホン酸亜鉛と呼ばれます。どちらも同じものです。

 

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛の安全性は大丈夫?副作用はないの?

 

顔用制汗剤の成分はこれ

では顔用の制汗剤成分、パラフェノールスルホン酸亜鉛(化粧品名:フェノールスルホン酸亜鉛)の安全性はどうなのでしょうか?
肌につけて副作用などはないのでしょうか?

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は制汗剤だけではなく、現在はさまざまな化粧品に含まれている成分です。
ハンドソープ、洗顔料、ニキビケア用品、化粧水、医薬品などにも使われています。

 

パラフェノールスルホン酸亜鉛は厚生労働省の基準によって商品ごとに含めることのできる量が決められています
例えばボディーソープやシャンプーなどのすぐに洗い流すものは100g中2.0グラムまでというようにしっかり決められています。

 

ですので一般に販売されている商品についてはその基準値内なので商品としての安全性は保証されているといってもいいでしょう。

 

このように顔用の制汗剤ならその成分には安全で肌に優しい、
「パラフェノールスルホン酸亜鉛」が主成分のものを選ぶ
のがPointです。

 

 

 

顔用制汗剤を選ぶポイント

以上、顔用の制汗剤というのはどういうものがいいのかを解説してきましたが、
まとめると、

 

顔用の制汗剤には殺菌のためのデオロラント成分はいらない
顔用の制汗剤ならパラフェノールスルホン酸亜鉛成分のものを

 

ということになります。
間違っても刺激の強い体用の制汗剤を顔に使わないように注意しましょう。

 

またこれは顔汗制汗剤ということではなく一般的なネット通販で購入するときの注意点として、
「初回は安いけど、その後定期購入になってしまい規定の回数を購入しないと解約ができない」という商品がたくさんあります。
その商品が気に入っていればもちろんいいのですが、それほどではない場合途中で他の商品に切り替えたくてもそれができません。
この回数縛りが定期購入には相当の注意が必要です。

 

定期購入を使うとかなり割引価格ではじめから購入できるので回数縛りがなければ(気に入らなければ1回で解約できる)問題はありませんが、そうではない場合は合計の総支払金額に注意をしましょう。
全額返金保証がついている商品なども安心して購入できます。

 

定期購入の回数縛りがないものや全額返金保証があると安心

 

 

それでは実際に販売されている顔用の制汗剤をチェックしてみましょう。

 

顔用制汗剤おすすめランキング

ランキング1

サラフェプラス 【ハーバーリンクス】

サラフェプラス

日本で初めての顔汗用制汗剤として登場した実績のサラフェプラス

 

多くの人を救ってきたその効果は実証済み。塗ってるところと塗ってないところの差がはっきりわかります
さらっと肌に馴染み、メイク下地としても優秀。セラミドやアミノ酸、ダイズ種子エキスなどのスキンケア成分もしっかり配合しています。
もちろん肌にも優しく、副作用が起こるような成分は一切入っていません。
迷ったらこれ。安心して紹介できるNO1商品です。

 

定期購入は回数縛りがなく、初回のみで解約も可能
まず1回頼んでみるというのもOKなので安心して購入できます。

制汗剤成分 パラフェノールスルホン酸亜鉛(フェノールスルホン酸亜鉛で表示)
価格

定期購入1回目 2,980円(税抜)※送料無料
定期購入2回目〜 5,480円 ※送料300円
単品購入 8,480円 ※送料600円

定期購入縛り等 定期購入はいつでも解約可能。回数縛りなし。
容量 30g
区分 医薬部外品
その他 25日の返金保証あり。4回以上の継続購入でさらに10%OFFになるプラチナ会員制度あり。

 

 

ランキング2

テサランフェイス 【TESARAN(テサラン)】

手汗・顔汗・汗をトータルで研究するテサランの顔用制汗剤

 

「手がサラサラ=テサラン」と言うネーミングのとおり、もともとは手汗用の制汗剤で有名になったTESARAN(テサラン)の顔用制汗剤。
汗の専門メーカーとしてのノウハウが生きています
メイク前に下地としても使えますし、メイク後に少量ずつつけることも可能。
他の商品よりもローションに近いテクスチャなので使いやすいというのも特徴です。
ダイスエキスやハマメリス樹皮など肌をいたわる成分も複数配合しています。もちろん副作用の起こるような成分は除外。

 

定期購入ではなく単品でも安く購入できるというのがとても魅力
365日の返金保証も商品に自信があるのがよくわかります。こちらもおすすめのブランドです。

制汗剤成分 パラフェノールスルホン酸亜鉛
価格

単品購入 3,780円(税抜)※送料500円
2本購入で1本無料でサービス 7,560円(2本+1本)※送料無料
3本購入で1本無料でサービス 9,340円(3本+1本)※送料無料

定期購入縛り等 定期購入はなく、全てその都度の単品購入。まとめ買いサービスで購入するのが1番得。
容量 35g
区分 医薬部外品
その他 365日の返金保証あり。

 

 

ランキング4

トリムクール 【イコールヒューマン】

トリムクール

男性の顔汗対策化粧品としては1番人気の商品

 

男女問わず使用することができますが、特に男性に人気の高いのがこのトリムクール。
他の商品のようにジェルやクリームではなく、スプレーに入っていてミストで顔にかけるタイプになっています。
どこでもシュッとかけられるので使いやすく、クリームなどを塗る習慣のない男性にも使いやすいと思います。
主成分は同じですが、男性はこの商品を選ぶ方がほとんどです。
ただし、定期購入縛りは5回まで解約できません。
商品としてはとても人気があるので期待は期待は裏切らないと思います。

制汗剤成分 パラフェノールスルホン酸亜鉛(フェノールスルホン酸亜鉛で表示)
価格

定期購入1回目 980円(税抜)※送料無料
定期購入2回目〜 4,500円 ※送料無料
単品購入 7,500円 ※送料600円

定期購入縛り等 5回までは解約不可。 5回の総額18,980円
容量 30ml
区分 医薬部外品
その他 90日間の返金保証あり。

 

2強のどちらかでまずは間違いなし

管理人が思うには

 

以上が顔汗対策の顔用制汗剤で成分的にもおすすめできる商品です。

 

正直、まだあまり顔用の制汗剤って種類がありません。

 

Amazonなども見てみてもこちらで紹介しているもの以外はほとんどないのではないかと思います。
海外輸入のものなどもあるようですが、顔につけるものですし、あまり冒険はしない方がいいのかな・・・と思います。

 

というよりも・・・・

 

 

はっきり言って、ランキングの上位2つのどちらかを選べば問題ないです!
この2つが現状では最強だと思います。

 

 

私はこちらの顔汗を止める方法のページでもお伝えしたとおり、サラフェプラスを愛用していますが、テサランフェイスもすごく人気のある商品です。
成分等や口コミを見てもとてもいい商品だと言うことはわかります。
ただ、私の場合はもうサラフェプラスで何も問題がないので(自分的には最高で定期購入しているので)、あえて他のものを購入しようとは思っていないだけで、テサランフェイスをずっと愛用している人も多いのかなと思います。

 

とにかくこの2つのどちらかを選べば今はまず失敗はないと思います!!

 

一押しのサラフェプラスの実証動画をこちらにも貼っておきますね。

 

 

 

また男性の方にはやはりトリムクールが本当に人気です。
定期購入の回数縛りもあるので少しハードルが高いかな?と思いますが、実際にはそうでもないらしくすごく売れているそうです。
(電話で聞きました・・・)
女性は定期購入の回数縛りなどはかなり嫌な印象があるのですが男性はいい!と思ったら買ってしまうのかもしれませんね。
商品としては本当にいい商品らしいです。
男性はクリームをぬりぬりなんて習慣はないので、やはりこういったミストタイプが便利で使いやすいのだと思います。
女性の場合はクリームやジェルの方が髪などにもつかなくてすむので使いやすいのですが・・・。

 

 

以上、顔用の汗止めクリーム制汗剤を紹介してきました。
ぜひ参考にしてみてください!

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加